ニアウリシネオール精油の効果効能とは?アロマオイルの薬効成分や使い方!

ニアウリシネオール(ニアウリCT1)と言う名前は聞き慣れないかもしれません。

これは、ニアウリと言う植物を含有成分で種類分けをしたうち、1.8シネオールという成分を多く含んでいる種類、ケモタイプ1(以下参照)のこと。

ニアウリシネオールに多く含まれているは1.8シネオールの効果効能には、

  • 免疫促進作用や鎮咳(咳を鎮める)
  • 去痰(痰を出しやすくする)
  • 抗菌

等の作用があり、喘息、風邪、インフルエンザ、鼻炎、と言った呼吸器系のトラブルをはじめ、すべての感染症に効果があると言われています。

また、腎機能を促進する作用や鎮痛作用もあり、尿路系の疾患や関節炎などにも効果的です。

 

Susan@アロマスペシャリスト
多くの症状に効果的で幅広く使われているニアウリCT1、他にどんな薬効があるのか、どんなレシピに使われるのか詳しく見ていきましょう!

ケモタイプ精油とは 同じ種類の植物でも自然環境の違うところで育つた精油を成分分析してみると、その土地の自然環境に適合し、異なる結果が検出されます。植物の種類ではなく、この成分の結果によって種類分けをした精油をケモタイプ精油(化学種)と呼びます。 出典:健草医学舎

次のページから、ニアウリシネオールの効果効能について詳しく説明していきます!

ニアウリシネオール精油の効果効能とは?アロマオイルの薬効成分や使い方!
この記事が気に入ったらメディカルアロマ事典に「いいね!」しよう