除菌ハンドジェルの作り方とは?赤ちゃんも使えるエタノールなしアロマの効果を使うおすすめレシピ

 

エタノールなしでアロマの効果を使うおすすめレシピ

 

精油に含まれる芳香成分には様々な薬効成分があり、その成分をよく理解して、抗菌作用の高い精油を使います。

関連記事

1つの精油には300~400種類の芳香成分が含まれていることを知っていましたか? この中には西洋医薬に使われている薬効成分も多くあり、東洋の漢方薬の様に、欧米諸国では精油に含まれる薬効成分がが研究され、医療に役立て[…]

コロナに効果?アロマで抗ウイルス・抗菌・抗真菌・抗感染の効能を持つ精油リストと使えるブレンドレシピまとめ

 

使う材料はこちらです。

  • 精油
  • キサンタンガム
  • 乳化剤

 

▽パルマローザ精油

 

▽キサンタンガム

 

▽乳化剤

 

 

精油とエタノールを混ぜると、香りがより際立つ香水が出来上がります。

香水を作ってみたい方はこちらの記事に詳しくまとめましたので是非参考になさってください。

関連記事

今回は精油で作る、簡単な香水の作り方をご紹介します。市販されている合成香料で作られた香水は、香りが強く、長い間香るのが良いところですが、合成香料の香りが苦手な方にはきつく感じることもありますよね。天然のアロマオイル([…]

香水の簡単な作り方|精油(アロマ)で花束の様な香り?材料やおすすめブレンドレシピも紹介!

 

 

それでは材料から説明しますね。

精油

今回は抗菌効果が高く香りも良いパルマローザ精油を使います。

パルマローザ精油の効果効能

データ参照:アロマオイル効能ガイド

 

パルマローザ精油は成分の約80%ほどが「ゲラニオール」という成分。ゲラニオールの作用はこのようなものがあります。

  • 抗菌
  • 除菌
  • 局部麻酔
  • 抗感染
  • 皮膚弾力回復
  • 収斂(しゅうれん:肌のひきしめ作用)

雑貨屋さんでよく見かける「アロマオイル」は合成のものがほとんど。防腐剤や農薬などを含まない天然の「精油」「エッセンシャルオイル」と表記のあるものを使いましょう。

 

プラナロム(Pranarom)社の精油は1本1本に第3者機関による成分分析表が添付されていて、芳香成分の含有量や農薬検査結果などが記載されているのでおすすめです。

 

▽パルマローザ精油

 

キサンタンガム

 

キサンタンガムは食品にも使われるサトウキビやトウモロコシなどのデンプンを発酵させて作ります。天然発酵で作られる多糖類「バイオガム」のひとつでで、とろみをつける時や、ゲル化(ジェル状にする)時に使われます。

 

▽キサンタンガム

 

乳化剤

 

精油は親油性で、水性ではないため、水にそのまま混ぜると油の粒がプツプツと浮いてしまいます。水と混ぜるときは、効果を一定にするためと、皮膚刺激を避けるためにも必ず乳化剤を使いましょう。

 

▽乳化剤 KENSO バスオイル

 

水やお湯に精油を入れただけではこのような状態。

水と油

 

精油には肌刺激がある成分もあるので、このままだと原液が肌につくことになりますので、必ず乳化させます。

乳化

 

乳化すると乳白色になります。これで精油が水に溶けて混ざりました。

 

 

お風呂にバスオイルとして精油を直接垂らすのも同じ様に皮膚刺激がありますので、アロマバスをされる方は必ず乳化させてくださいね。

関連記事

毎日のお家での入浴時間に、天然精油を使った入浴剤でリラックスタイムはいかがでしょうか? 香りは鼻から直接脳に情報が伝わるため、イライラを鎮めたり、不安な気持ちを落ち着けてリフレッシュしたりという嬉しい効果が期待でき[…]

精油(アロマオイル)を使った超簡単で安全な入浴剤の作り方!

 

 

乳化剤はなるべく天然素材のものを使いたいですね。

 

上で紹介したKENSOバスオイルは精油で入浴剤を作る時にも使えるので、家庭でその他の用途にも使えておすすめです。

 

これ以外にもどのような乳化剤を選んだらよいかをまとめた記事もありますので、是非参考にしてみて下さい。

関連記事

アロマで化粧水やジェル、アロマバスを楽しむなど、水溶性のクラフトを作る時は、皮膚刺激を考えて必ず乳化させる必要がありますよね。 〇 精油は原液の状態では皮膚刺激がある〇 精油は親油性のため、水に入れても混ざらない[…]

乳化剤の種類|化粧水やアロマバスなどに使うには?おすすめを紹介!

 

 

 

水は普通の水道水を使いましょう。

水道水でかぶれる方はいないのと、今回は防腐剤を使わずに手作りしますので、精製水などではなく、水道水が安心です。

 

水道水が安全ではない場所であれば、ミネラルウォーターなどを使っても問題ありません。

 

次ページでは作り方をご紹介します。

 

次ページ:赤ちゃんも使える除菌ハンドジェルの作り方とは?