冷感マスクスプレーの作り方|アロマで簡単エタノールなし!

冷感マスクスプレーの作り方|エタノールなし

 

作り方は混ぜるだけ簡単です。

 

この順番で混ぜていきましょう。

 

  1. バスオイル(乳化剤) 0.5ml
  2. 精油  ~合計10滴
  3. 水道水 30ml

 

順番に説明しますね。

 

容器に乳化剤を入れる

 

まず、スプレー容器に乳化剤を0.5ml入れましょう。

 

▽乳化剤 KENSOバスオイル

 

実験らしくビーカーを使って混ぜても楽しいです。お子さまも楽しいですし、教室で教える講師の方は是非持っておきたいアイテムです。

 

▽ビーカー

 

もちろんビーカーなしで、直接スプレー容器に材料を順番に入れて作ることもできます。

 

▽ガラススプレー容器50ml

 

▽プラスチックスプレー容器50ml

 

精油を入れる

 

次に乳化剤の入ったスプレー容器に精油を合計10滴ほど入れます。

精油瓶を振ったりせず、瓶を45度傾けて、垂れてくるのを待って1滴とします。

 

アロマオイルブレンドレシピ

 

ペパーミント精油

 

パルマローザ精油

 

ラベンダーアングスティフォリア精油

 

オレンジスイート精油

 

水道水を入れる

 

水道水を30ml入れます。

 

ビーカーがあれば計って入れましょう。

 

▽ビーカー

 

無ければ家庭にあるものや、容器の大きさからだいたいの量で大丈夫です。

 

冷感マスクスプレーの使い方

 

マスクの外側だけではなく、冷たさを感じるために内側にもつけましょう。

 

直後は揮発する精油の香りが強いかもしれませんので、軽く振るなど、調節してみてくださいね。

 

冷感マスクの通販

 

マスクスプレーを作るの、やっぱり面倒。と言う方は、マスク生地が冷たい感触のマスクも販売されています。

 

こちらの記事にまとめています。こちらも夏には在庫がなくなってしまうかもしれませんので、早めに手に入れることをおすすめします。

 

関連記事

 コロナの影響でマスクが手放せない状況ですが、マスクの中は暑い・苦しい・汗だく、、、ではないでしょうか?コロナの影響でマスクが手放せない状況ですが、マスクの中は暑い・苦しい・汗だく、、、ではないでしょうか?&nbs[…]

マスクが暑い・苦しい・汗をかく対策!頭痛の原因にも!?夏は熱を放出するタイプと涼感スプレーがおすすめ

 

日本の夏は本当に蒸し暑いので、冷感マスクスプレーと合わせて使うのもおすすめです。

 

 

まとめ

 

エタノールを使わずペパーミント精油を使った冷感マスクスプレー。小さいお子さまも使えますよ。

 

  1. 乳化剤 0.5ml
  2. 精油 ペパーミント  2滴
  3. その他お好きな精油 8滴ほど
  4. 水道水 30ml

 

是非作ってみて下さいね。

 

Susan@アロマスペシャリスト
最後までお読み頂きありがとうございました!