産後の手湿疹がひどすぎる!薬は効く?私の体験から治し方を紹介します

手湿疹の種類

 

手湿疹は乾燥型と湿潤型の2種類あると言われています。

  • 乾燥型:秋冬にひどくなる。乾燥によるひび割れや痒みのある湿疹
  • 湿潤型:春夏にひどくなる。水泡や発疹などの痒みのある湿疹

 

わたしの場合は湿潤型でした。上では季節で分けましたが、1年中痒いです。特に、梅雨時や汗をかく季節は一層ひどくなりました。

 

手湿疹になる原因

 

手湿疹は、主婦湿疹とも言われるように、水仕事が多い方に起きやすい症状です。

 

洗剤などに含まれる界面活性剤が、強い洗浄力で手のバリアゾーンまで壊してしまい、外からの刺激を受けやすくなり、肌荒れが起きてしまいます。

 

私が手湿疹になったきっかけ

 

出産後、「赤ちゃんに触る前には手を洗いましょう」と言われていたので、初めての出産で慎重過ぎたこともあり、普段は使っていなかった殺菌力強めのハンドソープで頻繁に手を洗っていました。

 

入浴時の自分の洗髪、食器洗い、など普段の水仕事に加え、赤ちゃんのお風呂、おむつ交換後の手洗いなど、出産後に界面活性剤入りの洗剤に手が触れることが増えました

 

それに加えて悪かったのは、薬指に指輪をつけたまま頻繁に手を洗っていた事です。後で理由が分かりますが、指輪と指の間がふやけたり、指輪との間に汗がたまるのも、ひじょうにまずい状態です。

 

手湿疹の症状(湿潤型)

 

1年中悩まされますが、湿潤型は汗疱(かんぽう)・異汗性湿疹とも言われ、手の表面がふやけたりすることが原因で汗の出口がなくなり、皮膚の中に汗が詰まってできる炎症です。

 

手湿疹湿潤型汗疱のメカニズム

参考:アース皮膚科クリニック

 

汗が原因なので、特に春夏、そして1日の中でひどくなるのはこのような時。

 

  • 就寝時
  • 汗をかく時

 

段階的には

  1. 皮膚に小さな水泡
  2. 水泡の周りの赤みが大きくなり膨れる
  3. 皮がむけて液が出る

 

ステロイド軟膏を塗ると改善して、また①から繰り返します。

 

就寝時のかゆみ

 

手湿疹に限らず他のアレルギー症状にも言われることですが、眠る時は副交感神経が優位になり、体温が上がりかゆみが増します。

 

昼間は我慢できていても、夜中に我慢できずに掻いてしまい、朝起きると悪化しているという事も度々ありました。

 

掻いてしまうと次の日の状況はワンランクアップしてひどくなってしまいます。

 

汗をかく時

 

湿潤型の手湿疹は、汗疱(かんぽう)・異汗性湿疹とも言い、文字通り汗をかくと特にひどくなります

 

ある時、「食器洗いが辛い」「シャンプー剤が辛い」、小さい子どもの世話をする時は「触るとうつるのではないか」「液がついたらかわいそう」と思い、患部をカバーできて水仕事もできる「キズパワーパッド(湿潤療法)」を貼ってみたところ、症状が飛躍的に悪化!(笑)

 

湿潤療法とは、体液を保ち、湿潤環境を維持する治療法のこと
参照:BAND-AID

 

この時は汗が原因とは知らずに貼りました。通常の傷や火傷にはすばらしい絆創膏ですが、湿潤型の手湿疹の方は絶対に貼らないでください!

 

汗が詰まっていることが原因なのに、更に汗を封じ込めたので、キズパワーパッドの下の小さな水泡がみるみる繋がり、大きな水膨れとなりました。

 

キズパワーパッドをはがそうにも、今度は患部の浸出液としっかりくっついてしまい、大きな水膨れが破れるため怖くてはがせない。。。

キズパワーパッドの下はどんどん悪化!!

とうとう会社を休み、大きな病院へ

 

次ページ:手湿疹が治ったきっかけ