頭痛に効くアロマオイル(精油)ブレンドとは?こめかみにロールオンの作り方も!

頭痛に効くアロマオイル(精油)ブレンドとは?

アロマオイルブレンドレシピ

頭痛の起きる場所はどこ?

今回ブレンドレシピをご紹介する頭痛のタイプは2つ。

  • こめかみや頭の前の方がズキンズキンと痛む「片頭痛」
  • 後頭部などの頭の後ろの方がズッシリ痛む「緊張型頭痛」

 

こめかみ辺りがズキンズキン、それって「偏頭痛」かも!

20~40歳代の女性に多くみられるのが「片頭痛」です。片頭痛は、こめかみから目の辺りが、ズキンズキン、ドクンドクンと脈打つように痛むのが特徴です。片という字がついているせいか、頭部の片側にしか痛みが生じないという印象がありますが、人によっては両側が痛むこともあります。

 

筋肉の緊張がもたらす「緊張型頭痛」

朝から頭痛がしていて、仕事が終わるころに痛みがひどくなることが多い。
後頭部から首筋を中心とした頭全体が、ギューと締めつけられるように痛みます。ただし、痛みの程度はそれほど強くはありません。
痛みは、朝から晩までだらだらと続きますが、仕事が終わる夕方ころに痛みが強くなる傾向がみられます。首や肩のひどいこり、目の疲れ、めまいなどを伴うこともあります。

参照:Aflac健康コラム

 

タイプ別頭痛に効果のあるアロマ(精油)レシピ

こめかみなどに起きる「偏頭痛」を和らげるアロマオイル(精油)ブレンド

前頭部分やこめかみの痛み、目の疲れがある方にもおすすめのアロマブレンド。

 

こんな方に特におすすめ

  • こめかみに痛みがある
  • 片頭痛もち
  • 精神的に疲れている
  • 目の疲れがある
  • 頭の前側に痛みがある

 

こんな時のおすすめブレンドをいくつか紹介します。

 

 

①ペパーミントとローズマリーカンファーには血流を良くする「うっ血うっ滞効果」、ペパーミントの清涼感で、気圧の変化による不調をスッキリとさせるレシピです。

#それぞれの精油の詳しい薬効成分は精油名から参照してください。

 

②ウィンターグリーン精油には、湿布薬のサロンパス等に含まれる「サリチル酸メチル」が約99%含まれる。レモングラスとユーカリレモンを併せて一緒に使うことで鎮痛作用の相乗効果があります。

 

使い方

こめかみや、痛みに近いところに適量を塗布する

 

 

後頭部などに起きる「緊張型頭痛」を和らげるアロマオイル(精油)ブレンド

肩こりや緊張から血流が滞り、後頭部など頭の後ろ側に痛みがある方におすすめのブレンドレシピです。

 

こんな方に特におすすめ

  • 首や肩がこっている
  • 無理な姿勢をして腰が痛い
  • 寝違えて首が痛い
  • 捻挫をしてしまった
  • 関節痛や筋肉痛がある

 

おすすめレシピはこちら。

 

肩こりや腰痛などにも効果のある精油と、痛み止めとなる精油のブレンドレシピです。

#それぞれの精油の詳しい薬効成分は精油名から参照してください。

 

使い方

首肩の凝りをほぐす様に、適量を塗布する。痛みに近いところにも塗ってみる。

 

材料について

材料について

精油

農薬や防腐剤の入らない天然精油(エッセンシャルオイル)を使いましょう。
インターネットでも購入できます。

 

▽ペパーミント
鎮痛作用、冷却効果、血管拡張効果のある成分を含む精油。

 

▽ローズマリーカンファー
むくみや冷え、脳血流にも良い「うっ血うっ滞作用」含む精油。

 

▽ウィンターグリーン
サロンパスなどの湿布材に含まれる痛み止めの「サリチル酸メチル」を約99%含む精油。
※アスピリンアレルギーのある方は使えない精油

 

▽レモングラス
弱めの鎮痛作用があり、ユーカリレモンと混ぜて使用することで鎮痛作用に相乗効果がある。

 

▽ユーカリレモン
局所鎮痛作用があり、レモングラスと混ぜて使用することで鎮痛作用に相乗効果がある。

 

▽サイプレス
むくみや冷え、脳血流にも良い「うっ血うっ滞作用」含む精油。

 

メディカルアロマテラピーで使用できる精油は、農薬や防腐剤の入っていない成分の信頼できるものを使うこと。

精油の選び方やおすすめ精油ブランドについて、こちらの記事にまとめました。

関連記事

メディカルアロマでホームケアを始めたい方が安心して使用できるおすすめの精油(エッセンシャルオイル)を知りたいですか?メディカルアロマは精油の薬効成分を元に、フランスやベルギーでは医療として使われていて、お肌に直接塗ったり、時には飲む[…]

精油

 

乳化剤

石油系の界面活性剤ではなく、天然由来の乳化剤を使いましょう。

 

乳化剤についても、色々なものがありますので、こちらにまとめて紹介しています。

関連記事

アロマで化粧水やジェル、アロマバスを楽しむなど、水溶性のクラフトを作る時は、皮膚刺激を考えて必ず乳化させる必要がありますよね。 〇 精油は原液の状態では皮膚刺激がある〇 精油は親油性のため、水に入れても混ざらない[…]

 

ジェル基材

精油の薬効成分を経皮吸収させるため、ジェルを使います。 ジェルもなるべく天然由来のジェルを使いましょう。

キャリアオイルなど油性の基材に精油を混ぜると、バリアゾーンを超えない油分と精油が結びついてしまうので、精油の効果も皮膚表面でとどまってしまいます。

 

天然素材のジェルについては、こちらの記事に選び方やおすすめをまとめました。是非ご覧ください。

関連記事

アロマクラフト(*1)を作ったことがある方にはお馴染みの基材ですが、ジェルに精油を混ぜることが良くあります。精油をオイルに混ぜてマッサージオイルを作るというのは聞いたことがあるかもしれませんが、オイルではなくジェルを使うのには理由が[…]

アロマで使うジェル基材のおすすめは?メリットや口コミも知りたい!

 

 

次ページ:作り方と注意点、ロールオンタイプを作るには?

頭痛に効くアロマオイル(精油)ブレンドとは?こめかみにロールオンの作り方も!
この記事が気に入ったらメディカルアロマ事典に「いいね!」しよう