旦那の加齢臭対策に朗報|寝室や口臭の悩みも精油で改善できるとは!

加齢臭に効く精油(エッセンシャルオイル)のレシピについて

作り方

使用する精油について

精油とは合成のアロマオイルではなく、100%天然のエッセンシャルオイルのこと。

精油には薬効成分が入っているので、抗菌効果の強い精油を使って、汗の臭いのもととなる、雑菌が繁殖するのを防ぐことができます。

直接お肌に使うものなので、薬効成分があり、農薬や防腐剤の含まれない、メディカルグレードの天然精油を使いましょう。
メディカルグレードの天然精油はネット通販でも購入ができます。
どんなものなのか詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみて下さいね。
関連記事

メディカルアロマでホームケアを始めたい方が安心して使用できるおすすめの精油(エッセンシャルオイル)を知りたいですか?メディカルアロマは精油の薬効成分を元に、フランスやベルギーでは医療として使われていて、お肌に直接塗ったり、時には飲む[…]

精油

加齢臭対策スプレーレシピ

芳香成分にお肌の鎮静作用があるラベンダーアングスティフォリアティートゥリーやユーカリの3~4倍の抗菌力があるパルマローザ、冷却効果のあるペパーミントを使うレシピです。

ミョウバンは、これ自体にも消臭効果があり、奈良時代には「はくばん」と呼ばれ医療用に使われていたそうです。

材料

#精油名からそれぞれの精油の詳しい薬効成分を参照できます。

 

材料はすべてネットで購入ができます。

✓ ラベンダーアングスティフォリア

 

✓ パルマローザ

 

✓ ペパーミント

✓ 乳化剤

✓ ミョウバン
ミョウバンはナスのぬか漬けの発色剤として食品売り場でも「焼きミョウバン」と言う名前で売っていることが多いです。

ミョウバン水の作り方

焼きミョウバン 20g
水道水   500g

上記を混ぜて冷蔵庫で一晩寝かせる

これを水道水と1:1で割ったものがミョウバン水です。

作り方

  1. 100mlのスプレー容器に乳化剤を入れる
  2. 精油を入れる
  3. 水道水とミョウバン水を入れてよく振って混ぜる

 

Susan@アロマスペシャリスト
ミョウバン水を用意するのも手間に感じるかもしれませんが、材料を用意してしまえば、すべて混ぜるだけでなので簡単です。

使い方

お風呂上りなど、汗をかく前の清潔な素肌に、スプレーまたはコットンに取り気になる箇所を拭いて使ってください。

 

Susan@アロマスペシャリスト
脇の下や首の後ろなど気になる所にたっぷり使ってくださいね。

 

枕などの寝具には、洗濯後の清潔なリネンに予めスプレーしておくと効果的!

 

 

Susan@アロマスペシャリスト
汗をかいても雑菌が繁殖しにくくなるため、臭いがしなくなり、自然の香りなので香水が苦手な方も気にせず使えると思います。

 

次ページでは口臭に効くメディカルアロマレシピをご紹介します!