ローズ精油の効果効能|アロマオイル・種類の違いは?おすすめ香水ブレンドも!

今回は「花の女王」とも呼ばれるローズについて。

 

ローズは古くから愛の象徴として知られ、神話にもよく登場します。古代エジプトではクレオパトラが愛した花としても有名で、素晴らしい香りから、香料の原料としても愛されています。

 

ローズ精油の効果効能|アロマオイル・種類の違いは?おすすめ香水ブレンドも!

 

バラの精油を採るには材料となる花びらが沢山必要となるため、天然精油の価格はとても高価になります。

関連記事

精油やアロマオイルをOO滴、と書いてある時、1滴は何ミリなのでしょうか?精油(エッセンシャルオイル)1瓶に何滴入っているかが分かれば、1瓶の価格から1滴いくらなのかも分かりますね。 今回は、 精油[…]

精油

 

採油方法によって採油量や精油名も違い、それぞれ価格や成分も異なりますので、記事ではそれぞれについて説明します。

 

 

ローズ精油の種類とは?

 

バラの採油率は非常に低く、精油1滴がバラの花200個分と言われており、1kgの精油を採取するのに必要なバラは4t。ローズの天然精油はとても高価なものになります。

 

関連記事

精油やアロマオイルをOO滴、と書いてある時、1滴は何ミリなのでしょうか?精油(エッセンシャルオイル)1瓶に何滴入っているかが分かれば、1瓶の価格から1滴いくらなのかも分かりますね。 今回は、 精油[…]

精油

 

ローズ精油の種類

ローズ精油には2つの種類があります。

  • ローズ、ローズオットー、ダマスクローズ
  • ローズアブソリュート

 

ローズ、ローズオットー、ダマスクローズ

水蒸気蒸留法で抽出された精油は、「ローズ」、「ローズオットー」、「ダマスクローズ」などと呼ばれます。

 

ローズアブソリュート

通常は水蒸気蒸留法で抽出されますが、溶剤を使って精油を抽出する溶剤抽出法で採取した精油は「ローズアブソリュート」と呼ばれ、より多くの精油を抽出することができます。その為価格も少し安く購入することができます。

 

精油に含まれる薬効成分を医療に使うメディカルアロマテラピーでは、精油成分を経皮吸収させるため、溶剤を使うローズアブソリュート精油は使いません。

 


ローズ精油の効果効能とは?

ローズ精油の効果効能とは?

 

植物の特徴|香水にも使われる人気の香り

ローズには沢山の種類がありますが、Rosa damascena(ダマスクローズ)が一般的です。ブルガリア、トルコ、イラン、モロッコなど様々な場所で栽培されていて、種類も多岐にわたります。

 

精油名ローズ、ダマスクローズ、ローズオットーローズアブソリュート
学名Rosa damascena
科名バラ科
蒸留部位
主な産地チュニジア、モロッコ、イラン、イタリア
抽出方法水蒸気蒸留法溶剤抽出法

 

ローズの薬効成分を徹底調査!

 

成分は、ローズアブソリュートはバラの芳香成分であるフェニルエチルアルコールがメインになり、ローズオットーは筋肉弛緩作用のシトロネロールがメインです。

 

ローズ、ローズオットー、ダマスクローズ

70% モノテルペンアルコール40% シトロネロール
・筋肉弛緩
20% ゲラニオール
・抗菌(強)
・除菌
・局部麻酔
・抗感染
・皮膚弾力回復
・収斂
・局部麻酔
 8% ネロール(ゲラ二異性体)
・皮膚弾力回復
20% 炭化水素10% ノナデカン
5% エイネイコサン
  • メインは筋肉弛緩作用
  • ゲラニオールとネラールは美肌効果
  • ローズ精油は高価で、他の精油に安価で薬効成分が優れるものがあるため、メディカルアロマテラピーではあまり使われない精油です。
    →スキンケアにはラベンダーアングスティフォリアが適している。
  • 高価でも天然のローズ精油の香りを楽しみたい方向き。

 

ローズアブソリュート

 

芳香族アルコール65% フェニルエチルアルコール
モノテルペンアルコール20% シトロネロール
10% ゲラニオール
5% ネロール

 

溶剤を使うため、メディカルアロアテラピーではアブソリュートの精油は使用しませんが、水蒸気蒸留からできるローズオットーと、溶剤抽出からできるローズアブソリュートの大きな違いの1つとして、アブソリュートの方が溶剤を用いてより多くの香りの成分を抽出できます。

 

そのため、アブソリュートは深い香りになり、より芳香浴や香水、といった香りを楽しむ使い方に向いています。

 

関連記事

今回は精油で作る、簡単な香水の作り方をご紹介します。市販されている合成香料で作られた香水は、香りが強く、長い間香るのが良いところですが、合成香料の香りが苦手な方にはきつく感じることもありますよね。天然のアロマオイル([…]

香水の簡単な作り方|精油(アロマ)で花束の様な香り?材料やおすすめブレンドレシピも紹介!

 

精油を使った香水の作り方

ローズは、「香りの女王」とも呼ばれていて、その素晴らしい香りから、高級香水や化粧品の原料としても使われる人気の香りです。

 

精油を使った香水の作り方はとても簡単なので、是非お試しください。

関連記事

今回は精油で作る、簡単な香水の作り方をご紹介します。市販されている合成香料で作られた香水は、香りが強く、長い間香るのが良いところですが、合成香料の香りが苦手な方にはきつく感じることもありますよね。天然のアロマオイル([…]

香水の簡単な作り方|精油(アロマ)で花束の様な香り?材料やおすすめブレンドレシピも紹介!

 

メディカルグレードのローズ精油

この記事で紹介した成分分析表の薬効は、香りだけを再現した合成のアロマオイルには含まれていません。

 

薬効成分は100%天然の精油(エッセンシャルオイル)に含まれています。

 

香りを楽しむだけであれば合成のものでも構いませんが、天然にこだわる方や薬効成分を取り入れる場合は、農薬や防腐剤などが含まれない、メディカルグレードの精油を使う必要があります。

 

▽メディカルグレードのローズ精油(ローズ、ローズオットー、ダマスクローズ)

 

▽ローズアブソリュート精油(アブソリュートはメディカルでは使えません。)

 

おすすめは、日本でも厚生省指定の機関で成分分析をしている、上記で紹介したPRANAROM社の精油ですが、メディカルアロマテラピーのレシピに使える精油の選び方については、こちらの記事もどうぞ。

関連記事

メディカルアロマでホームケアを始めたい方が安心して使用できるおすすめの精油(エッセンシャルオイル)を知りたいですか?メディカルアロマは精油の薬効成分を元に、フランスやベルギーでは医療として使われていて、お肌に直接塗ったり、時には飲む[…]

精油

 

Susan@アロマスペシャリスト
最後までお読みいただきありがとうございました!
ローズ精油の効果効能
この記事が気に入ったらメディカルアロマ事典に「いいね!」しよう